【お正月の神棚】お供え物と並べ方を解説


お正月の祝い方.com
本文へジャンプ
長寿の祝い.comのトップページへ

お正月飾り
飾り付け
門松
しめ飾り&しめ縄
鏡もち
床の間飾り
生け花

神棚
お供え物と並べ方
神棚の交換
お札の交換

食べ物
食べ物
おせち

風習
風習
初詣
書き初め
遊び

お年賀
挨拶回り
品物
相場
のしの書き方
お返し

縁起物
熊手について
達磨について
商売だるま
福だるま
長寿祝いだるま
結婚記念だるま


達磨販売店
高崎だるま販売店の鈴屋





>【お正月の神棚】お供え物と並べ方を解説

お正月の神棚について


お正月の神棚について
こちらのペ−ジでは、

1.基本のお供え物
2.お正月のお供え物
3.並べ方
4.鏡もちについて


について解説しています。

☆お供え物:米、塩、水の三品が基本

 

 神棚にお供えする物を「神饌(しんせん)」または「供物(くもつ)」といいます。

 

 日常の神饌は米、塩、水の三品が基本です。

 

 

☆お供え物:お正月には酒、野菜、果物も

 

 お正月には、酒、野菜、果物などもお供えしましょう。

 

神棚にお供えした物には、神様のパワーがこもるといわれます。下げたあとは家族みんなでいただきましょう。

 

 

☆お供え物の並べ方について

 

 お供えする際には、米を中心へ一番先に、次に塩、水の順にお供えします

 

酒もお供えする場合は、米、酒、塩、水の順番で、向かって右、次に左の順で横一列に並べるのが一般的です。

 

場所がない場合は、二列でも、狭い神棚なら合わせ盛りにして供えても構いません。

 

お供え物の並べ方

 

 

☆鏡餅はいつまで?いつ下げる?

 

 一般的には、111日に鏡開きが行われるところは、16日までお供えし、17日に鏡餅を下げることが多いようです。

 

 ただし、120日に鏡開きが行われる地方もあり、その場合は、114日までお供えし、115日に鏡餅を下げるところもあります。

 

 

「神棚スタイル」より

 


  高崎だるま通販サイト 鈴屋

だるまの取り扱い通販サイトについて


 こちらの「高崎だるま」は、「だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。

  商売だるま

商売繁盛の縁起物
商売だるま
詳しくは「商売ダルマ」のページをご覧になってください

  福だるま

新年の縁起物
福だるま
詳しくは「福ダルマ」のページをご覧になってください

  長寿祝いだるま

長寿祝いの縁起物
長寿祝いだるま
詳しくは「長寿祝いダルマ」のページをご覧になってください

  結婚記念だるま

正月の贈り物
結婚記念だるま
詳しくは「結婚記念ダルマ」のページをご覧になってください


お正月の祝い方.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】お正月の祝い方.com
【URL】https://www.oshougatu-iwaikata.com/

「関連ページ」

【お正月の神棚】交換や処分方法を解説
【お正月の神棚】お札の交換を解説


お正月の祝い方.com | お正月の過ごし方を解説

長寿の祝い.comのトップページへ



 運営情報  サイトマップ  グーグル

Copyright©2018 お正月の祝い方.com All Rights Reserved.