【お正月の鏡もち】由来や飾り方を解説


お正月の祝い方.com
本文へジャンプ
長寿の祝い.comのトップページへ

お正月飾り
飾り付け
門松
しめ飾り&しめ縄
鏡もち
床の間飾り
生け花

神棚
お供え物と並べ方
神棚の交換
お札の交換

食べ物
食べ物
おせち

風習
風習
初詣
書き初め
遊び

お年賀
挨拶回り
品物
相場
のしの書き方
お返し

縁起物
熊手について
達磨について
商売だるま
福だるま
長寿祝いだるま
結婚記念だるま


達磨販売店
高崎だるま販売店の鈴屋





>【お正月の鏡もち】由来や飾り方を解説

お正月の鏡もちについて


お正月の鏡もちについて
こちらのペ−ジでは、

1.鏡もちの由来
2.飾り方
3.片付け(鏡開き)


について解説しています。

☆由来について

 

 もちは、古くから神饌(神様の食べ物)とされ、年神様へのお供え物として鏡もちを床の間に飾りました。

 

 

 鏡もちが丸いのは、人の魂(心臓)をかたどったからといわれ、鏡は魂を表す神器でもあることから、年神様にお供えしたもちを食べると、新しい生命が授かると言い伝えられています。

 

 

 もちを大小二つ重ねるのは、陰(月)と陽(日)を重ね、福徳が重なることを願うためです。

 

 

☆飾り方について

 

 飾り方は地方によって様々です。基本は、三方(さんぽう)の上に奉書紙か半紙を敷き、四手を下げます。

 

 

 葉裏を見せた「うらじろ」と「ゆずり葉」の上にもちをのせ、その上から「こぶ」を垂らして、一番上に「だいだい」を飾ります。

 

 

 三方のかわりに、四角いお盆や、きれいな角板を使ってもよいでしょう。

 

 1228日の末広がりの日に飾ると縁起がよいとされています。

 

 

☆片付け(鏡開き)について

 

 地方によって異なりますが、111日ごろ。

 

 歳神様のお供え物をいただく正月最後の行事です。鏡もちを割ってお雑煮やおしるこ、ぜんざいなどにし、家庭円満や開運を願っていただきます。

 

 もちは、手や木槌で細かく砕きましょう。

 

 縁起物であるもちを「切る」のを忌み嫌うことから包丁は使いません。

 

 

 

「冠婚葬祭 お金とマナー」より

 

「冠婚葬祭とマナーの基本事典」より

 


  高崎だるま通販サイト 鈴屋

だるまの取り扱い通販サイトについて


 こちらの「高崎だるま」は、「だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。

  商売だるま

商売繁盛の縁起物
商売だるま
詳しくは「商売ダルマ」のページをご覧になってください

  福だるま

新年の縁起物
福だるま
詳しくは「福ダルマ」のページをご覧になってください

  長寿祝いだるま

長寿祝いの縁起物
長寿祝いだるま
詳しくは「長寿祝いダルマ」のページをご覧になってください

  結婚記念だるま

正月の贈り物
結婚記念だるま
詳しくは「結婚記念ダルマ」のページをご覧になってください


お正月の祝い方.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】お正月の祝い方.com
【URL】https://www.oshougatu-iwaikata.com/

「関連ページ」

【お正月の飾り付け】時期や片付けを解説
【お正月の門松】由来や飾り方を解説
【お正月のしめ飾りとしめ縄】飾り方を解説
【お正月の床の間飾り】飾り方やない場合も解説
【お正月の生け花】床の間や玄関の飾り方を解説


お正月の祝い方.com | お正月の過ごし方を解説

長寿の祝い.comのトップページへ



 運営情報  サイトマップ  グーグル

Copyright©2018 お正月の祝い方.com All Rights Reserved.